バレエ留学のプログラムとは?

バレエ留学のプログラムとは? バレエに必要なターンアウトを行う骨格は15歳前後で決まってしまうことや、正しい踊り方を身に付けないと技術の向上が望めないだけでなく、筋肉の付き方が美しくなくなったり怪我にも繋がることから、将来ダンサーを目指す人は、小さいうちから正しいレッスンを受ける必要があります。
海外のバレエ団の付属学校は、独自のプログラムやカリキュラムでダンサーを養成することを目的としていたり、レッスンを受けることで単位がもらえるような提携スクールを有しているところがあります。
中学生や高校生で留学する場合は、そのようなスクールで学びながら、中学卒、高校卒の資格を貰うことができる制度も整っています。
18歳以上(高校卒業以上)の人が留学した場合、バレエスクールの研修生プログラムを受けることとなります。
将来バレエ団のダンサーになるためのオーディションを受けるためのレッスンやサポートが行われます。
また、スクールに在籍していれば、リハーサルや公演に出演する機会にも恵まれ、現役ダンサーと同じ舞台に立つことができます。
ダンサーを目指す場合は、いきなりオーディションを受けるよりも、スクールに入学して基礎から学びながらオーディションを目指すのがおすすめです。

バレエ留学の専攻は何?

バレエ留学の専攻は何? バレエ留学を考えている人は、まずは夏期休暇を利用して行われるサマースクールに参加してみてはいかがでしょうか。
2週間から1ヶ月ほどの短期留学になりますが、世界各地からバレエを真剣に学びたいという人達が集まってきます。
現役ダンサーとして活躍している人や振付家などがゲスト講師として呼ばれ、その人達から直接教えを受けられる貴重な機会でもあります。
参加者はレベル別にクラス分けされてレッスンを受けることになります。
講習会は、朝から夕方まで続き、バレエクラスを基本として、ポアント、バリエーション、パドドゥ、男性クラスなどが開催され、またコンテンポラリーダンス、キャラクターダンス、ジャズダンス、モダンダンスなど、バレエ以外の踊りのダンスを学んだり、ワークショップに参加したりすることができます。
これから留学を考えている人や、どんなダンスを専攻しようかと考えている人にとっては、考えるためのきっかけになる良い機会となります。
専攻科目は決まっても、将来プロとして活躍しようと考えている人は、様々なダンスの経験を積み、ワークショップを受けることで、その人のダンスもより深まっていきます。
短期留学では、地域的な特徴なども知ることができるため、将来を考えるのにとても良いステップとなります。

おすすめバレエ留学関連リンク

長期、短期バレエ留学に関するオーディション、生活のサポート、手続き代行、などを行ってくれるサイト

バレエ 留学